日本の地域別将来推計人口 -平成30年推計-
商品コード:
A4033000

日本の地域別将来推計人口 -平成30年推計-

販売価格(税込):
5,400
関連カテゴリ:
人口・世帯
 本報告書は、「日本の将来推計人口(平成29年推計)」を受けて、平成30年3月に公表された、都道府県別、市区町村別の将来推計人口を取りまとめたものです。推計方法の解説ならびに推計結果のうち総人口と年齢3区分別人口を中心に収めたもので、結婚・出産・子育てや移住をはじめとする各地域の諸政策の基礎資料として広く活用されるものです。

 こちらの書籍は、「日本の市区町村別将来推計」と「日本の都道府県別将来推計人口」としてだしていたものが合併したものになります。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

日本の将来推計人口-平成29年推計-

販売価格(税込): 3,780 円

本書は、平成29年に公表した日本の将来推計人口の結果を取りまとめたものです。

日本の将来推計人口 -平成29年推計の解説および条件付推計-

販売価格(税込): 2,160 円

 本書は、国立社会保障・人口問題研究所が平成29年に公表した『日本の将来推計人口-平成29年推計』について、推計の基本的性質や推計結果に見られる人口変動のメカニズムなどについて解説を行ったものです。また、その後に実施された各種の条件付推計の結果についてもあわせて掲載されています。

日本の世帯数の将来推計(全国推計)[2018(平成30)年推計]

販売価格(税込): 2,700 円

本書は、国立社会保障・人口問題研究所による、全国の将来の世帯数の推計結果をとりまとめたもので、推計の期間は2015(平成27)年から2040(平成52)年までの25年間です。

新時代からの挑戦状―未知の少親多死社会をどう生きるか―

販売価格(税込): 1,620 円

人口学の権威と社会保障・労働政策の専門家が今後の日本を読み解きます。

第一部 「人口減少社会」とはどのような社会なのか
  執筆者 金子隆一(前 国立社会保障・人口問題研究所副所長)

第二部 座談会 人口減少社会の中で、平成の30年間を振り返り、新しい時代の生き方を探る
  出席者 金子 隆一、村木 厚子(元 厚生労働事務次官)、宮本 太郎(中央大学法学部教授)